こんにちは、ユウマです^^

僕が思う中国輸入の一番の魅力はやはり独占販売です。

 

ですが相乗りでも一応稼げます。

相乗りとは既存のページに被せて出品することですね。

国内せどりの場合はほとんどが相乗りかと思いますが、中国輸入でも相乗りばかりしていたら、中国輸入の魅力が半減してしまいます。

 

相乗りにもメリットはありますが、これではせどりとあまり変わらないです。

今相乗りばかりしている人は徐々に独占に切り替えていったほうがいいです。

 

相乗り

中国輸入で相乗りできる商品を見つけるのは、誰でも容易にできると思います。

リサーチに慣れてなくてスピードが遅かったとしても、1個も見つけられないということはないですよね。

 

そのため売れ筋の商品は出品者が増えやすいです。

地域差関係なく誰でも見つけられてしまうので、当然の流れですね。

ただこれでも相乗り中心のセラーが今でも多いのは、相乗りにもメリットがあるからです。

 

相乗りのメリット・デメリットをいくつか挙げていきますね。

 

相乗りのメリット

・最初から売れているので商品ページを育てる必要がない

正直これだけだと思いますw

 

これだけなんですが、商品ページを育てるということが嫌な人が多いですね。

 

正直デメリットの方が多いので僕は今一切相乗りをしていません。

デメリットに関してはせどりと似たことが言えます。

 

相乗りのデメリット

さっきも言いましたがまず出品者が増えやすいです。

高回転で利益も出る商品は誰しも出品したいと思いますよね。

 

出品者が増えると当然価格競争が始まります。

 

カートを取るために競争し合い、結果利益率がどんどん減っていきます。

 

次第には損益分岐点を割ることもあります。

 

せどりでもこういった流れは普通にありますが、中国輸入の相乗りではその流れはより強まります。

 

1.誰でも仕入れができるため出品者が増えやすい
2.仕入れできる制限はほぼないので、1出品者あたりの在庫保有数が多い
3.在庫が多く出品者が減らないため、焦って値下げし合い早く売り抜こうとする

 

このようにいくらでも仕入れができるメリットが相乗りではデメリットになる可能性があるんですね。

もちろん全ての商品がこうなる訳ではありませんが、高回転になるほどこうなる傾向があります。

 

こうなってしまった場合、もう利益は出ないので仕入れはできなくなります。

なので、売り上げを維持していくにはリサーチし続けるしかないんですね。

 

利益率も安定しないですし、いつまでもリサーチし続けなければいけないなんて僕には無理です。

 

最初は大変かもしれないですが、自分だけの商品ページを育て上げれば後から楽できますよ。

 

独占販売をすすめる理由

相乗りでのデメリットを排除し、ライバル不在で稼ぐのが独占販売です。

さきほど挙げた相乗りのデメリットを見ていくと

 

1.誰でも仕入れができるため出品者が増えやすい
誰でも仕入れができないから出品者が増えない

2.仕入れできる制限はほぼないので、1出品者あたりの在庫保有数が多い
自分しか出品者がいないので、逆にメリットになる

3.在庫が多く出品者が減らないため、焦って値下げし合い早く売り抜こうとする
ライバルがいないので値下げ合戦が起きない

 

こういったことが独占販売のメリットになります。

商品ページの作り方さえ覚えれば難しいことではありません。

 

そういったページを作っていけば誰でもこんな状態になれます

カートボックス獲得率100%

 

なにより精神的に楽ですね。

出品者増加や値下げに怯えなくて済むので、常に堂々としていられます。

 

相乗りに疲れきっている人は、独占への方向転換することをおすすめします。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします^^