こんにちは、ユウマです。

中国輸入を実践している場合、アパレル系のジャンルを扱うことも多いと思います。

 

特に衣類は配送時の破損などもありませんし、国際配送料も比較的安く済むのでおすすめのジャンルです。

 

しかしサイズ表記に関して注意しなければいけないことがあります。

まだ始めたばかりなど、知らない人もいると思うので一度目を通しておいてくださいね。

 

国内向けの表示

国によってサイズの規格は変わってきます。

中国では「サイズ」「GB 規格」のいづれかで表示されていて、日本とは少し違います。

 

Mなどの「サイズ」表記では

 

日本サイズ+1ランク上=中国サイズ

 

となり、GB規格では

 

身長/胸囲

 

の表示になります。

 

わかりやすいサイトさんがあったのでブックマークしておくと便利です。
↓↓
中国衣類のサイズ表示

 

 

以上の理由で日本のMサイズと中国のMサイズでは中国のMのほうが小さいことになります。

お客さんにわかりやすく「海外製の為小さめであること」「詳しいサイズ表記」を商品ページに記載する必要がありますね。

 

だからと言って中国のMサイズを日本でSサイズとして販売してはクレームになるので気をつけてください。

Sサイズを買ったのにMサイズのタグがついていたら、誰でも文句言いたくなりますからね^^;

 

海外向けの表示

中国は輸出が盛んなので、そもそも海外向けに製造、販売していることもあります。

その場合は海外向けの表記で販売してることもあるんですね。

 

判断の方法としては、サイズの詳細を見て中国サイズであるかを確認することです。

 

サイズの詳細が書いていない場合はそのショップに確認するしかないですね。

代行会社に言えば聞いてくれるはずです。

 

アマゾンの中国輸入のページを見ると、「サイズが小さい」などのレビューがついてることが多々あります。

販売者側が理解していないと、お客さんに伝えることはできません。

 

まぁよく見ないで買われる方もいるので仕方ない部分もありますが、、

 

ちょっとわかりにくい部分もあるかもしれませんが、しっかり理解するまで読んでください。

 

中国の衣類を扱うなら絶対に知っておかなきゃいけないことですね。

 

 

 


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします^^