こんにちは、ユウマです。

アマゾンで販売している人は価格改定ツールを使ってる割合が結構多いと思います。

有料の価格改定ツールを使っているのが当たり前みたいな感じもありますよね。

最近アマゾンに自動価格改定機能も搭載されたようで、今後はそっちの利用者も増えるでしょう。

 

たぶんそう思ってるのは僕だけじゃないはずですが、、

 

値下げ合戦のスピードが早まっていくと思います。

 

カートの取り合いで起こる値下がりはツールが原因な場合がほとんどです。

相乗り中心のセラーの利益率はどんどん下がっていく流れなんでしょうね。

 

価格改定ツールの弱点

今有名な有料ツールといえば

プライスター
だと思います。

 

いろんなブログやサイトで紹介されていますし、利用者数もかなり多いと思います。

ただ有料なので使いたくないっていう人も中にはいたと思いますが、無料ならおそらく使うでしょう。

 

セラーセントラルに似たようなのが実装されてそれが無料ですからね。

プライスターから乗り換える人も多いでしょう。

 

せどりなど相乗りセラーから見れば死活問題ですね。

 

僕は使う予定はないのでどんな機能があるのかよく知りませんが、基本的な改定は大体できるんじゃないかと思います。

 

最安値合わせだったり、カート価格合わせだったりが基本でしょうか?

セラーのほとんどがそうなったら怖いですよね。
誰かが下げたらみんな一瞬でついてきますからね。

 

カート価格より1円下げるみたいなことされたら歯止めが利かないです。
値下げの下限が設定できたとしても、絶対に設定しない人もでてきます。

 

人が介入しない価格調整って正直怖くないですか?

 

価格改定ツールを否定するつもりはないですし、必要な人には必要なんだと思います。

 

でも少し使い方考えないと結果的に自分の首を絞めるだけです。

定期的に人の目で確認するとかしないとだめですよね。

 

こういった弱点があるので、価格改定しなくてもいい状況を作り出すことが一番だと思ってますし、僕はそうなのでこういったツールは必要ありません。

 

でも相乗りだけでやっていきたいなら、手動で全て改定していくにはあまりにも非効率なので、慎重に使ってください。

これだけ浸透してしまっている以上、相乗りで価格競争を防ぐことは不可能です。

 

でもツールの使い方を少し考えて慎重にやっていけば、少しは違ってくるんじゃないかなと思います。

 

 

 

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします^^