こんにちは^^

僕が実践している独占販売では価格を自由に決めることができます。

相乗りでも価格自体は自由に変えれますが、実際周りに合わせるしかないですよね。

 

カートが取れないと売れないですし、寝かせて価格が戻ってくるのを待ったとしても、それでもまだライバルとの兼ね合いがあります。

 

しかしライバルのいない独占販売では、1円単位で自由に設定しその価格でカートを独占します。

その際にどんな価格設定をすればいいのか、という話をしていきますね。

端数価格効果

価格は適当につければいいわけではありません。

仕入れ単価や相場で大体は決まってくるわけですが、その「大体」からどうやって細かい値段を決めるのか?

 

これは人間の心理をついた「端数価格効果」を利用します。

 

こうやって書くとなんだか難しそうに見えますがとても簡単です。

身近なお店、コンビニやスーパーなど、どこでもやっていることです。

 

価格の末尾を8にする

 

たったこれだけです。

 

198円、498円、980円、2980円、9980円

 

こんな感じですね。

 

日本に住んでいれば馴染みのある価格だと思いますが、これは購買意欲を刺激するために必要な戦略なんです。

1000円以上の場合は末尾2桁が80となります。

 

こうすることでお得感を演出し、購買意欲を高めることができます。

いくつか例を出して見ていきましょう。

商品例

 

114

 

このTシャツの相場が大体2000円で、利益も十分取れるとしましょう。

しかし2000円と値付けするのはだめです。

 

 

 

115

 

たった20円しか差がないはずなのにそれ以上の差があるように感じませんか?

 

「2000円払ってもおつりが来る」

「2000円のものが安くなっている」

 

そんな感覚が働くそうです。

実際20円程度ならそんなにお得でもないですが、人間の心理をうまく利用したトリックなんですね。

 

 

 

 

次はちょっと変わった例を出します。

 

116

 

全くお得感は感じられないと思います。

逆に「1000円のものが20円高く売られている」とさえ思いますよね。

 

 

 

117

 

ではこちらはどうでしょう。

少なくとも「1000円のものが480円高く売られている」なんて感じないですよね。

 

むしろ安くなっているというお得感のほうが強いと思います。

 

相場にもよりますが、1020円で販売するくらいなら1480円で販売したほうがいいと思います。

安くすれば売れるという考えは間違いなんですね。

 

 

 

自分の扱っている商品に変な価格はないですか?

 

一度見直してみて端数価格効果を活かした価格をつけましょう。

それだけで売り上げアップに繋がるはずです。

 

 


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします^^