こんにちは、ユウマです^^

今日は中国輸入をやるにあたって、まずどこで売ればいいのか、というのを考察していきたいと思います。
(タイトルで既にネタバレしてますが)

それではどうぞ。

まずはメルカリから

まず最初はメルカリがいいと思います。
なぜメルカリかというと、出品が簡単、利益率が高いなどの理由もありますが一番の理由は中国輸入との相性が抜群によく、非常に売れやすいからです。

 

メルカリのユーザー層は若い女性が多いので、低単価で女性向けの商品が売れやすいです。
そういった商品は中国に腐るほどあるのでまず出品する商品がなく困ることはまずありません^^

 

また低単価なのでリスクが限りなく低いです。
仕入れ値で数十円~数百円程度なら、多少失敗できる余裕がありますよね。
この余裕がないと恐くてなにもできない、という人が多いはずです。

 

数十円~数百円程度の失敗を恐れず、まずはチャレンジしてみましょう。

 

メルカリの次はAmazonで

メルカリでの販売に慣れてくる頃には資金もある程度増えてきていると思います。
そうなってきたら、次はAmazonで出品しましょう。

 

例外として、資金が潤沢にある人は最初からAmazonでもいいと思います。
最初始めるときは組織などなく一人だと思うので、メルカリでは効率が悪いですからね。

 

メルカリ以外のフリマアプリや、ヤフオク等も簡単に出品できますが、一人でやるにはこれも効率が悪いです。
組織化や外注化を進める段階になったらでいいでしょう。

 

僕はいろいろな販路で販売していますが、中でもAmazonはやはり別格です。
Amazonだけに頼るのはよくないですが、まずはAmazonを攻略しておくべきですね。

 

まとめ

流れを簡単に言うと

1.メルカリに出品
2.Amazonに出品
3.ヤフオク、フリマ等に出品
4.楽天、ヤフー等の出店

個人的な意見としては、この流れが一番スムーズかなと思います。
特に3,4に関しては一人でやろうとせず、組織化、外注化をしてやるべきです。

 

なんでも1人でやろうとしても、時間がいくらあっても足りないですからね。
これができると1,2もより強力になります。

 

順序をしっかり踏んで、一つづつ前進していきましょう^^

 

 

 

 


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします^^