こんにちは、ユウマです^^

最近OEM商品の製作に乗り出しています。

大したものではありませんが、今後ブログで紹介する予定ですのでぜひ見てくださいね。

OEMはそこまで実践している人は少ないので、より長く稼いでいける独占手法になります。

敷居が少し高い分ライバルは少なくなるので、中国輸入で稼ぎだしてきたら意識してほしい手法ですね。

なのでまずOEMを作る前にどういった商品を作ればいいのか?という考察をしていこうと思います。

OEM化の選定基準

まずOEMとなると、仕入れの最小ロット数が数百単位です。

売れる根拠がしっかりしていないと、大量の不良在庫を抱えることになるので、リスクが高いです。

同一・類似商品の売れ行きはどうか?
既存のページが抜群に売れている必要があります。集客さえできれば確実に売れる根拠になるからです。

類似商品のページが乱立していないか?
似たようなページが乱立しているとアクセスが分散します。無理ではないですが、難易度は上がります。

季節によって変動は激しくないか?
一度に大量発注しなければいけないので、回収するのに時間がかかる。最初は1年中売れる商材が無難。

こういったところを細かく見て判断する必要がありますね。

そしてアマゾン商品ページのレビューもしっかりチェックします。

どういったOEMを作るかによってレビューの見方は変わりますが、ロゴ入れだけの簡易的なものであればレビューが悪いものは避けましょう。

まとめ

OEMを作る際は全てにおいていつもの基準より上げる必要があります。

1ヶ月に100個、200百個と売れる根拠がないと捌ききれないのでやらないほうがいいですね。

もちろん仕入先の選定も厳しく行い、テスト仕入れもきっちりやります。

かなりめんどくさいですね・・w

しかしこういったOEM商品を作っていけば、少ない商品数で大きな売上が立ちます。

もちろん同一商品など存在しないので、相乗りも100%防げます。

初心者向けの手法ではありませんが、中国輸入の特性を生かした販売戦略ですね。

今後物販ではOEMを中心に動いていく予定なので、可能な限り記事にしたいと思います^^


人気ブログランキングへ

人気ブログランキング参加してます。
応援クリックお願いします^^