こんにちは、ユウマです^^

なかなか物騒なタイトルですが、人事ではありません。

 

物販事業をやるにあたって知らなかったでは済まされないこともあるので、法律をしっかり理解してやっていく必要があります。

 

とはいえ確認さえしていれば防げることなので怖がりすぎる必要はないです。

目先の利益にとらわれず、正攻法でビジネスに取り組みましょう。

 

規格外のレーザーポインターで逮捕者

先日ネットのニュースでこんな記事を目にしました。

 

違法レーザーポインターを販売容疑、10業者を一斉摘発

 

中国から仕入れてオークション等で売っていたようです。

日本では安全上の理由で出力数など基準が設けられています。

 

ただ中国にはそういった基準がないので、日本では規格外のレーザーポインターが普通に作られているんですよね。

 

こういったことがないように、中国から最初に仕入れをする際は、しっかり確認しましょう。
一度確認すれば2回目以降はスムーズに輸入できるので、「日本の基準では大丈夫なのか?」「輸入許可が必要な商品なのか?」等を調べるクセをつけましょう。

 

特に家電系統は気を付けてください。
基本的には無理なので。

 

目先の利益にとらわれない

今回のような違法な商品というのは確かに売れます。

ブランド品の偽物とかもそうですよね。

 

知らなかったパターンではなく、確信犯でやっている人も少なからずいると思います。

 

目先の利益ばかり追っていると、結果的にマイナスにしかなりません。

 

将来の期待値を意識して行動することで、目の前の利益が何倍にも膨れ上がってきます。

焦らず確実にやっていきましょう^^

 

 

ちなみにこんな物もだめですよー。

38

ロゴは入っていませんが、こういった有名ブランドは柄で商標取っている場合が多いです。
商標関連にも注意してください^^

 

 

 


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします^^