こんにちは、ユウマです^^

現在OEMをいくつか手掛けているんですが、納期を過ぎてもなかなか送ってこないです。

なんでもまだ作り終わっていないとか^^;

大丈夫かこの工場・・

まぁこの程度は想定内なので気長に待つしかないですね。

さて、今日の本題ですがアメリカAmazonについてです。

正直あまり考えていなかったんですが、あることをきっかけに今とても興味を持ってます。

その辺について僕の考えも交えて書いていきますね。

Amazon.comの日本語対応

最近アメリカのアマゾン、Amazon.comのセラーセントラルが日本語で使えるようになったようです。

英語というのは僕の中で結構な障壁だったんですが、これで一気に興味が出てきました。

日本のセラーセントラルが中国語対応になったときに一気に中国人セラーが増えたようですが、今その気持ちがわかりましたねw

FBAを利用すれば顧客対応はほとんどありませんし、英語ができなくても大きな問題はないでしょう。

商品ページはもちろん英語で作らなければいけませんが^^;

ちらっと見た感じ日本のアマゾンにもある中国商品がたくさん出品されていたので、いけそうな感じを受けました。

市場規模

最大の魅力はやはり市場規模です。

日本のアマゾンなんてかわいく見えるほどの規模を誇るので、そこで戦えると大きな売上になるはずです。

そしてOEMとの相性。

僕が今取り組んでいるOEMでは数百個単位での発注になるので、キャッシュフローが悪くなりがちです。

資金を早く回すためには複数販路の展開が重要になってきます。

そこにアメリカAmazonを組み込めれば、少ない商品数で利益を最大化できるかなと考えています。

もちろんアメリカでも売れる商品でなければいけませんし、リサーチは必要にはなってきます。

なにより輸出の知識がほぼゼロです。笑

しかし本当に価値ある商品を作っていければアメリカでも売っていける自信はあるので、徐々にやっていこうと思います。

まだまだ先になりそうですが、輸出の形がある程度できてきたらこのブログでも取り上げていきますね。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキング参加してます。
応援クリックお願いします^^